リコンディショニング

パーソナルトレーニングを続けていくにあたり、自分一人でできるようになることが、最終的な目標といえるかもしれません。今回は、変形性膝関節症や靭帯を損傷したらケースなどから膝の機能を回復するのに有効なリコンデイショニングテクニックを紹介します。


まずは、自分一人の力で行えるエクササイズです。リコンディショニングの初めから終わりまでというように、長い期間にわたって有効といえるエクササイズです。


リコンディショニングをしていくうえでは、自身で痛みを制御できていたり、回復してきていたりという感覚をえることがとても大切だと考えられています。自分で自分の身体をコントロールできているという「自己効力感」を高めることは、リコンディショニングが上手くいくためには不可欠の要素と言ってもいいかもしれません。


実際のリコンディショニングの場面では、セルフコンディショニングを日常生活の中に取り入れて実践し、パーソナルトレーニングの中で進行状況を確認していくやり方がオススメです。


トレーナーと一緒に行うペアストレッチや、ある程度のテクニックが必要とされる高度なリコンディショニングと、日々のセルフコンディショニングを組み合わせることで、リコンディショニングの効果をより高めることが可能だと思います。ただし、医師の指導による運動制限などがある場合は、無理せずにそれの範囲内で行いましょう。無理をすれば回復が早まるわけではありませんので、時間をかけて根気よくリコンディショニングをしていくことが大切です。